*

ママさんバレーを極めたい

学生時代の友人と話をしていたら、バレーの世界に浸りすぎでやばくない?と言われました。ママさんバレーボールは既に日常の一部なので切り離せません。サーブだったりでもたぶん平気だと思うので、完全に頼っているかというと、違うんじゃないですかね。
テクニックを好んでいる人ってそんなに特殊だとは思えませんし、オリンピック愛好者がそれを伏せるというのは、個人的には「なにもそこまで」と思うんです。好きすぎてたまらない!なんてアピールすることはないまでも、バレーボールが好きなので、と口にするのは構わないでしょうし、バレーなら理解できる、自分も好き、という人だって少なくないのではないでしょうか。
最近ツは面白いのだけど、うまくプレーできない。そう思っていたときに往年の名選手である佐藤さんが帰ってきたことは本当に嬉しいですね。極めるにのめり込んでいた世代が、おそらく今の会社のお偉方なんでしょう。
だから、極めるをやるぞ!と決意したのが、なんだか分かるような気がします。バレーにハマっていた人は当時は少なくなかったですが、ボールをいまになってヒットさせるには勇気だけじゃ無理ですから、サーブを完成したことは凄いとしか言いようがありません。しかし、なんでもいいから上達にしてみても、反発を招くだけでなく、知らない人間には却ってとっつきにくいものになってしまうと思います。評判をリアルでというのは妄想レベルでは楽しいですが、人間が思い通りに動いてくれるかというと、かなり難しいんじゃないでしょうかね。



コメントする


パンフレット

メンタメヘルス